人・自然・環境 Human・Nature・Environment              戻る | トップ | 次へ
■はじめに
                                                      Phase 1
 1997年12月、日本において「地球温暖化防止京都会議」が
開催されました。以来、世界中で地球環境問題への取り組み が活発化しております。

 環境問題は、従来の「公害」とは異なり、自分が「被害者」であると同時に「加害者」でもあるという側面を持っております。

 平成12年度の「環境白書」では、社会全体のあり方を見直すと同時に、国民一人ひとりが社会の主人公として、足元からの 変革を進めていかねばならないことが指摘されております。

 本ページは、このような背景を鑑み、環境とは何かを少しでも理解し、日常活動において具体的に 取り組める問題を取り上げました。地球環境への負担が少なく、持続的発展が可能な社会を構築し、次世代に美しい地球がバトンタッチで きるための参考として役立てていただければ幸いに思います。